メモリアアレカ | 大切なご家族の手元供養 ミニ骨壷 遺骨ペンダント 手元供養飾り台 メモリアアレカは、遺骨ペンダント、手元供養品、メモリアルリング、分骨ミニ骨壷(骨壺)、骨壷が納まる写真立て、お香立や仏具、ミニ仏壇、アッシュボトルなど、メモリアル商品の専門店です。故人をいつも身近に感じられる手元供養なら、大切な人を亡くされた深い悲しみを癒してくれます。また、ペット用メモリアル商品も取り扱っております。

FAQ

手元供養について

  • Q お墓に入れなくても成仏できるの?

    A

    魂は遺骨に宿るものではございませんし、お墓に宿るものでもございません。
    仏教でも四十九日を過ぎると、魂は浄土すると言われております。
    大切なのは、「想う」というお気持ちだとおもいます。

  • Q 家族に手元供養を反対されました・・・

    A

    ご供養の仕方は人それぞれ考え方が異なり、ご家族やお寺様に反対されたけど、どうしても・・・と悩みご相談下さる方もいらっしゃいます。
    ご遺骨の所有権は、基本的に「祭祀を主催する生存者」になり各霊園や墓地へ氏名が提出されています。
    この考え方の違いは、何が正しいとも言えず、とても難しい問題だと感じます。
    命のかけら「ご遺骨」を形見分けし、ご供養の対象とする方が多いのは事実ですが、
    遺髪や爪、想い入れの深かった形見の品など、手元供養の対象は様々でもよろしいのかと思います。

  • Q 手元に置いた遺骨の供養方法は?

    A

    ミニ骨壷や仏壇、ジュエリーなどに納め、
    今まで同様お花やお線香、故人の好きだったものをお供えしたりすればよいでしょう。

    何より想い偲ぶこと、手を合わせるお気持ちが一番のご供養かと思います。

  • Q 分骨はよくないと聞いたことがあります

    A

    ご遺骨そのものを故人として見てしまうお気持ちから分骨は良くないのではとお考えになり、分骨すると成仏できないのでは…という迷信に繋がっています。
    お釈迦様のご遺骨も分骨されていますし各宗派の師や弟子も希望して分骨されてるケースが多いです。
    宗教や考え方は様々です。

    私たちは、ご遺骨は命のかけら、形見であり、魂とは別のものであると考えています。

  • Q 遺骨を自宅に置くことに問題はないのですか?

    A

    ご遺骨はお墓や納骨堂にという決まりはございません。

    ですので、少量のご遺骨をお手元に置くことは法律的にも問題ございません。

完全防水のメモリアルジュエリーについて

  • Q シルバーでの制作は出来ない?

    A

    以前はシルバーでの制作もお請けしていたのですが、ご遺骨を樹脂で納めるメモリアルジュエリーはメンテナンスの問題、地金の強度の問題から、現在は制作を貴金属に限らせて頂きました。

  • Q 指輪をしながら、食器洗い、入浴などして全く問題ありませんか?

    A

    大丈夫です。水には強い樹脂ですのでご遺骨が守られている状態です。

    特殊な薬品を使う、看護師さんや美容師さんなどは、お仕事中は外して頂くことをお願いしております。

  • Q サイズ変更や石取れの修理など

    A

    基本料金3,000円から変更するサイズにより料金が異なります。

    納品の際メンテナンス料金一覧表を同封しております。

    石取れは石代のみかかります。

  • Q ご遺骨の量について

    A

    小指の爪程度のかけらを一つお送り頂ければと思います。

    ご注文時に商品サンプルを同封したお申込みセットをお送りしております。

    実商品の大きさを見てご確認頂けます。

    入りきらなかったご遺骨はどんなに小さなかけらでも仕上がったジュエリーと一緒にお戻し致しますので、

    量に関してはあまり気になさらなくて大丈夫です。

     

     

     

  • Q デザインで悩み商品が見れるところはありますか?

    A

    オーダージュエリーの為、展示などをしている場所はございませんので、お悩みの方は

    商品サンプルを幾つかまとめてお送りさせて頂き検討いただいております。

    ご注文時、ご希望の商品のサンプル希望と備考欄にてお伝えください。

     

     

納期、お支払方法について

  • Q 商品の納期について

    A

    貴金属によるセミオーダージュエリー、名入れ商品を除き、ほとんどの商品は1~2日以内に発送出来ております。

    お急ぎの場合など、一度お問い合わせ頂けますと正確にお応えさせて頂きます。

その他

  • Q 骨壷の中から遺骨を取り出すの?

    A

    悲しみの中、お骨壷を開けるのもためらう。

    お気持ちはとてもよく分かります。

    ご自身では開けられず、納骨の際にお寺に頼もうかしら・・・・そんなご相談を受けることも多くあります。

     

    骨壷を開けることは、辛いお心に、さらに「死」を受け入れる事なのだろうと察します。

    ですが、ご遺骨は大切なご家族の唯一残った命のかけらです。

     

    四十九日までのお心の落ち着いた日に、ご家族で、「ありがとう」というお気持ちで、お取りになっては如何でしょうか。

    ご遺骨のどの部分をとっても、最愛の方のお身体の一部です。

    未使用の手袋または箸、敷き紙などを用意すると尚丁寧かと思います。

     

    メモリアルジュエリー用にお取りいただくご遺骨であれば、厚みのない小さな欠片を一つお取りいただければ十分です。

     

     

  • Q 実際に商品を見て決めることは出来ますか?

    A

    メモリアアレカではショールームを併設しておらず、卸とオンラインでの販売のみとなります。

    カタログは無料でお送りしております。

    骨壷のサイズ感など、少しでもご不安な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

     

特集