メモリアアレカ | 大切なご家族の手元供養 ミニ骨壷 遺骨ペンダント 手元供養飾り台 メモリアアレカは、遺骨ペンダント、手元供養品、メモリアルリング、分骨ミニ骨壷(骨壺)、骨壷が納まる写真立て、お香立や仏具、ミニ仏壇、アッシュボトルなど、メモリアル商品の専門店です。故人をいつも身近に感じられる手元供養なら、大切な人を亡くされた深い悲しみを癒してくれます。また、ペット用メモリアル商品も取り扱っております。

ペット葬儀と供養の流れ

「ペットは家族」との意識変化から、最近では人間と同様の葬儀を行う人が増えてきました。
動物の世界には、宗教や決まり事はありません。

葬儀、供養をしてあげたいという気持ちが大切です。
生と死を受け入れることで、心のケアにもつながります。

 

 

ここでは、 「ペットが亡くなったとき」「ペット葬儀、ペット供養」までの流れ・方法を ご紹介します。
 

 

ペットが亡くなったら

 

◆約2時間でからだの硬直が始まります。

 それまでに目や口を閉じて手足を整えてあげてください。
◆タオルやシーツの上に寝かせてあげてください。
◆口やお尻の周りが汚れていたら、濡れたコットンなどで優しく拭いてください。
◆保冷剤(ビニールに入れた氷など)を使い、なるべく涼しいところに安置してください。

 

 

ペットのお通夜・葬儀(民間業者への連絡)お通夜・お葬式

 

お通夜をして後悔のないお別れをしましょう。ペットのお通夜やお葬式には、宗教や決まり事はなく、人間の葬儀にあてはめる必要はありません。
 

民間の葬儀業者へ連絡

ペットの葬儀や火葬を行う民間業者は多く、サービスや料金体系なども様々です。
希望に合ったサービスを提供する業者に依頼しましょう。

 

市町村への届け出(飼い犬登録済みの犬のみ)

犬の場合は狂犬病予防法(第4条の4)により、死亡した旨を30日以内に犬の所在地を管轄する市町村長に届け出し、
鑑札、狂犬病予防注射済み証の返却もしなければなりません。犬の死亡届出書は各市町村によって異なり、
電子申請ができるところもありますのでお近くの市町村へご確認ください。
 

ペットの遺体はどうしたらいいの

民間業者による火葬

住宅環境の変化により、人間同様にペットを火葬する人が増えてきました。

 

◆個別火葬

一体一体個別に火葬されます。遺骨の返骨を望む場合に適しています。

 

◆合同火葬

他家のペットと合同火葬されます。遺骨の判別が難しく返骨不可です。

 

◆移動火葬車

設備を搭載した車が指定の場所で火葬します。完全密封式で、においや煙などの心配はありません。

 

私有地への土葬
 
◆自分の敷地内に土葬

禁止している地域もあるので、自治体に確認した上で行ってください。
他の動物に掘り返される可能性や衛生面を考え、1メートル以上掘ることが適切です。
トラブルを防ぐためにも中型以上の動物の場合は近隣の理解を得ましょう。

 

◆公園、空地、河川などへ土葬

不法投棄扱いになり違法です。マナーを守り、周りの環境に配慮した上で行ってください。
 

◆自治体による処理

保健所に届け、「清掃局による処理」という扱いで焼却されます。遺骨の判別が難しいため返骨は出来ませんが、
自治体によっては動物専用炉で焼却し、返骨可能な場合もありますので、詳しくはお近くの保健所へお問い合わせください。

 

 

火葬後返骨された遺骨は?

 

◆手元供養 (自宅供養)

 

◆私有地への埋骨

返骨された遺骨を庭や私有地に埋葬します。墓石を建てたり、樹木や花などを一緒に植えてあげるのもいいと思います。

 

◆ペット霊園

ペット霊園は数多く存在し、各ペット霊園ごとに特色があり、サービス内容や料金体系など様々です。ご自身が希望する内容に合っているか事前に調べておく事が大切です。

 

◆個別墓地

費用は高額ですが人間と同様に個別の墓地・墓石が用意されます。

 

◆合同墓地

他家のペットと一緒に埋葬します。大きな供養塔や、お墓が立っているのが一般的です。

 

◆納骨堂

納骨堂とは、屋内で遺骨を収納するロッカー状のお墓で、年契約で保管でき、参拝も可能です。 

 

◆海山川への散骨

ペットの散骨は「廃掃法」という法律の適用を受けることになり、無責任なやり方では罰せられる可能性もあります。周辺環境によく配慮するなどの注意が必要でしょう。

 
※ペット霊園や納骨堂が遠い場合はお墓参りが困難になり、ペットが寂しい思いをするかもしれません。
 
 

ペットの手元供養について

 

いつかその時が来たら、一緒のお墓に入れて欲しい。

先のことはまだわからない。でもしばらくは自宅で供養する。

 

最愛のペットを失うと、誰もが深い悲しみや喪失感に直面します。この喪失感を 「ペットロス」と呼びます。最近では、ペットロスが社会的に認識されるようになってきました。動物の世界には宗教や決まり事はありませんが、ペットの存在を敬い、供養する対象としてご自宅でご供養される方が増えています。

 

手を合わせ、語りかける対象ができることで、心の拠り所となりペットロスの緩和につながります。

 

 

 

 

 

 

あなたに愛される喜びを知り、命尽きても尚、

もっとあなたに愛されたいと望んでいます。
亡き大切なペットにあなたがしてあげられることは、
いつまでも忘れることなく、

「大好きだよ」と語りかけてあげることです。

 

 

 

 

 

新しい供養の形 「手元供養」

 

マンション増大などの住宅環境の変化と無宗教層の増加、「ペットは家族」との意識変化から、従来の形にこだわらない供養の仕方を望む方が増えてきました。
お墓を保有せず、愛する者(ペット)の遺骨を様々な形で手元供養する。
手を合わせ語りかける対象ができ、「心の拠り所」となることで、愛する者を身近に感じ偲ぶことができる現代の供養です。
 

 

【ペット供養の動向アンケート結果】 (インターネットによる自社調査2008/6)

 

 

 

      ●いつか一緒のお墓に入りたいので自宅で供養してあげる(33%)
     ●しばらくは自宅で供養するがその後はまだ分からない(24%)
     ●ペット霊園の合同墓地で供養してもらう(13%)
     ●自宅庭で樹木葬・または小さなお墓を立てて供養(10%)
     ●ペット霊園で個別墓地を購入して供養する(7%)
     ●自治体に依頼するので遺骨は帰ってこない(7%)
     ●納骨堂へ預ける(3%)
     ●その他(8%)

 

 

 

 

最愛のペットが望む一番の供養の仕方とは

 

 

動物は人間と違い、肉体に対して強い執着がありません。
ですから埋葬方法や供養の仕方で成仏できないと言う事はないのです。

 

供養とは形にこだわる必要は全くありません。あなたの「供養したい」という気持ちこそが大切なのです。

ペットはとても従順で素直です。人間界のしがらみや、妄想などにとらわれず、遺骨を家に置いておくのも良し、庭に埋め花などを一緒に植えるのも良し、ペットに分かるような純粋な供養をしてあげてください。

 

 

 

 

あなたを愛してくれたペットが成仏出来るように願うこと。
忘れることなく、日々語りかけてあげることが

最愛のペットが望む一番の供養なのです。

 

大切なご家族の手元供養|メモリアアレカ

メモリアアレカ | 大切なご家族の手元供養 ミニ骨壷 遺骨ペンダント 手元供養飾り台

ご家族を身近に感じ供養することでグリーフケアに繋がればと思います。

屋号 株式会社リディーコーポレーション
住所 〒154-0016
東京都世田谷区弦巻1-8-21-1F
※ショールームは併設しておりません
お問い合わせ先 03-5426-3728
営業時間 10:00~17:00(定休日:土・日・祝)
メモリアアレカ本店 https://memoria-areca.net

コメントは受け付けていません。

特集