メモリアアレカ | 大切なご家族の手元供養 ミニ骨壷 遺骨ペンダント 手元供養飾り台 メモリアアレカは、遺骨ペンダント、手元供養品、メモリアルリング、分骨ミニ骨壷(骨壺)、骨壷が納まる写真立て、お香立や仏具、ミニ仏壇、アッシュボトルなど、メモリアル商品の専門店です。故人をいつも身近に感じられる手元供養なら、大切な人を亡くされた深い悲しみを癒してくれます。また、ペット用メモリアル商品も取り扱っております。

STORY3 母の好きだった花 ”杜若” ~カキツバタ~

5月~6月、紫色の美しい花を咲かせる愛知県の県花でもあるアヤメ科の花「杜若(かきつばた)」

万葉集にも登場し、古くから日本人に愛されるこころ洗われるような凛とした花です。

 

 

「WEBで探し続け、母の大好きな杜若の絵柄を見つけたとき、迷わずこれだと思いました。

母のイメージにもピッタリなきれいなお色に見ているだけで心温まります。

ありがとうございました。」

 

そうお客様のお声を頂いた「こころ杜若」。

 

 

 

モダンな現代蒔絵を施した本漆塗りのミニ骨壷「こころ」は、1900年設立の漆の老舗、会津若松市の「坂本乙造商店」にてひとつひとつ手作業で心を込めて仕上げています。

木材は堅くて湿気に強い桜の木。気の削り出しから2か月の乾燥を経て木固めを行い、15項目もの様々に工程を経て黒漆塗りまで仕上げ、それぞれの色を塗り上げた後、クリアコートを2回かけ、繊細な蒔絵、螺鈿を施しています。

螺鈿とは、鮑などの買いを模様に合わせて切り、漆で固定する伝統工芸で、杜若の花の中央の模様は、螺鈿を施しております。

 

 

内側は木材独自の色、温かみを残し、拭き漆で仕上げました。匠の高度な技術により、手作業で掘りこんだしっかり閉まるねじ式の蓋です。先祖代々ではなく、故人を偲ぶ手元供養では、自分が亡き後、後に迷惑をかけたくない・・・。いつかその時が来たら、自分と一緒に火葬してほしい・・・。そんな望み、想いを兼ねる木製のミニ骨壷。まるでジュエリーケースのような色合いの美しい漆塗り容器。

 

 

 

ご家族への深い想いを桜の木のぬくもりと共に。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

特集